>

歯科矯正する事により様々なメリットがあります。

日本の歯への習慣

日本では、食べた後にしっかり歯を磨く事を習慣にするように小さいうちから言われ続けますよね。歯磨きの仕方は親や学校、歯医者さんで教わりますが、海外のように
デンタルフロスやマウスウォッシュの事を子供のうちから教わる事はありません。
虫歯予防のためにフッ化物歯面塗布をしてもらいに歯科医に連れていく事はあっても、それ以外で子供のうちから予防のために連れて行く事や、定期的に健診を受けに行く事ってあまりない気がします。
大人でも歯科医を嫌う人って多い中、子供を歯科医に連れて行く習慣がない、共働きで連れて行く暇がない日本ならではの事情の中、予防としては歯科医に行く事が少なく、まして大人も定期健診で予防として歯科医に行く人は少ないのではないでしょうか。

海外の歯への習慣

海外では子供の頃から定期健診を受けたり、大人も美容院に行く感覚で2~6か月に一回は行くそうです。
子供の頃から歯医者さんに行くことで歯医者さんは恐くないと印象をつけているような気がします。
虫歯で痛い思いをする前に、歯科医に行く事で小さい子供ながらに歯への意識が強くなる事や、他の国では予防として歯医者に通う分には無料の所がありますが、治療となると費用が高額のため、予防として自然に歯への意識が高まるのだそうです。
海外の習慣として行われているのが、歯磨き以外にもデンタルフロスやマウスウォッシュが欠かせないのだそうです。
隙間にある汚れを落とす事で虫歯や歯周病の予防をしている事もそうですが、なんといっても海外は口臭を気にするため、徹底的にしているのだそうです。



ページ
Topへ