>

歯科矯正の保険や費用

日本の食生活と健康

日本では硬いものや顎を使う食べ物が多くある気がします。
それはせんべいや、煮干し、昆布など顎を使う、噛む回数を意識するなどがあげられます。噛む事により健康になるという意識からのものだと考えられます。理由としては、顎の発育や成長のため、柔らかい食べ物を食べるよりかは歯ごたえのある食べ物を食べて顎を鍛えるというものだと思います。
また噛む事により、肥満防止になるなどの健康を意識していたり、ダイエット効果として満腹中枢が刺激されると言われています。また消化がしやすくなれば、お通じも良くなり健康だけでなく美容にも良いと考えられています。
よく噛む事で口の周りの筋肉も鍛えられ、小顔効果があるという考えもあります。

海外の食生活や健康

海外での食生活ではピザやハンバーグ、シチューと柔らかい食べ物が多いイメージがあります。
それは小さいときから顎を鍛えるという意識よりかは歯科矯正をして綺麗を保つという意識の方が高い気がします。
小さい時からよく噛んで食べなさいと教えられている日本とは違い、海外では小さい時から歯を強化して予防しておこうという考えの違いがある気がします。
そのため海外では成人の人で歯並びが悪い人ってあまり見ない気がします。
海外でも健康やダイエットなどで意識が高いですが、歯や顎を意識してのものではない気がします。小さいときから行う歯科矯正への意識は親の義務として行うという考えが強いため子供の頃から矯正する家庭が多いと言います。



ページ
Topへ