歯科矯正の保険や費用

一つ一つの歯に小さな器具を付け、ワイヤーを通し少しづつ引っ張り歯並びを整えるブラケット矯正。 歯の裏側に器具を取り付ける裏側ブラケット矯正。 多少のずれを直す際に多く使われ、取り外しの出来るマウスピース矯正。 歯に白いセラミックを被せ、白い歯に見せたり噛み合わせを良くするセラミック矯正などがあります。

治療の期間は?

歯科矯正の治療によって期間が短いものあれば、長い期間かかる可能性もあります。 それは、相談から検査、治療方針や費用の事、診断、治療と治療後のメンテナンスや支障がないか等も含めると、一般的に長くても3年以上、それ以上の可能性もあります。しっかり治療方針や治療計画を立ててから行う事をおススメします。

歯科矯正の方法

自由治療や、美容目的での矯正治療は保険適用外になってしまいます。
しかし、厚生労働大臣が定める疾患の治療には適用になります。
そのため、保健が適用されない場合高額な治療費がかかるでしょう。
少なくても歯一つ治療するだけで1万もあれば、治療に高くても100万から200万とそれ以上もありえます。
歯科矯正でどんな事をするのか、美容目的など含めてご紹介します。
まず、顎や歯など成長する上で発育に異常をきたしたり、機能に異常をきたす場合などによる治療は保険が適用されます。
そのため、歯並びや噛み合わせなどで矯正する方が子供から大人まで年齢層は様々です。子供の場合は一期治療と二期治療と分かれます。
子供の成長に合わせて治療するためです。大人の場合は永久歯に生え変わってる事と顎も発達途中ではないため、治療方法も変われば治療期間も変わります。
今度は美容目的です。最近では歯に対する意識が高くなり矯正する方が増えています。しかし、保険が適用されないため高額な費用が必要になります。
美容目的での治療とはどんな事をするのか気になりますよね。
審美歯科ですと、美容目的のみになってしまいますが、歯科矯正での美容目的は歯の健康や治療も目的としています。
例えば、美容目的とした歯並びの矯正は保険適用外だが、顎が小さく噛み合わせや歯並びが悪いため矯正する必要がある場合には保険適用という事になります。
歯を白くしたい、歯並びを綺麗にしたいなど、人によってはEラインを綺麗にしたいなどの目的として歯科矯正する方が増えています。

歯科矯正する事により様々なメリットがあります。

歯並びを矯正する事で噛み合わせが良くなり、歯磨きがスムーズに行う事ができるため虫歯や歯周病の予防にもなりますし、人と話す時に気になっていた口臭も改善されます。 また、すきっ歯や、出っ歯などで気になって笑顔に自信のない方でも、笑顔を取り戻せるのではないでしょうか。


ページ
Topへ